4月のイベント


春の陽気に後押しされ、楽しいイベントが盛りだくさんな4月!お花見や新人歓迎会など、人と集まる機会も増えますよね。食べ過ぎ飲みすぎに気を付けて、春の訪れを楽しんでください。
気になるイベントをクリック

入学/入園(4月上旬)

生活が安定し6(小学校)・3(中学校)・3(高校)・4(大学)の教育制度が定着、小学校入学前の教育機関である幼稚園が一般化すると共に普及してきた習慣。日本では、4月の入学入園が多く、3月の後半から4月前半に家族や親せきを集めてカジュアルなパーティーをすることも多くなりました。

〖 参考文献 〗贈答に関する一般知識 – ラッピングコーディネーターのための贈答文化 – 一般社団法人 全日本ギフト用品協会

世界の「入学/入園」事情は?

  • アメリカ
  • 欧米諸国や中国では、9月大学入学が主流。アメリカでは、高校卒業と同時に親元を離れて寮暮らしになることが多いので、生活に必要な物がよく贈られているそうです。オーストラリア、ニュージーランドは1月末〜2月初め、シンガポールは1月、韓国は3月、タイは5月と、入学式/新学期の時期は国によってまちまちです。

おススメする お店と商品

オレンジデー(4月14日)

オレンジが「花嫁の喜び」という花言葉を持つことから愛媛県の柑橘類生産農家が1994年に発案したとされています。また、オレンジは花と身を同時につけることからヨーロッパでは愛と豊穣のシンボルとされ、オレンジは花嫁を飾る花として頭につけるコサージュに使われます。これに着目した企業などが、バレンタインデー、ホワイトデーに続き2人の愛を確かなものにし、オレンジやオレンジ色のプレゼントを贈る日としてPRしています。

〖 参考文献 〗贈答に関する一般知識 – ラッピングコーディネーターのための贈答文化 – 一般社団法人 全日本ギフト用品協会

気になるお天気はコチラ(過去5年間)

2012 2013 2014 2015 2016

世界の「オレンジデー」事情は?

  • 韓国
  • 韓国におけるオレンジデーは11月14日で、恋人同士でオレンジジュースを飲む日とされていて、恋人と映画を見る「ムービーデー」でもあります。韓国の4月14日は日本と異なり、恋人のいない男女が黒い服を着てジャージャー麺やコーヒーなど、見た目が黒い飲食物を食べるブラックデーです。

イースター(春分の日の後の満月直後の日曜)

十字架にかけられて死んだイエス・キリストがその3日後に復活したことを記念・記憶するキリスト教における重要なお祭り。装飾や着色された卵が配られてお祝いします。

〖 参考文献 〗贈答に関する一般知識 – ラッピングコーディネーターのための贈答文化 – 一般社団法人 全日本ギフト用品協会

気になるお天気はコチラ(過去5年間)

2012 2013 2014 2015 2016

世界の「イースター」事情は?

  • ドイツ
  • ドイツ北部ハンブルクのブランケネセでは、イースター(復活祭)前日にエルベ川の川堤でたき火をする恒例行事「イースター・ファイア(Easter Fire)」が行われます。

  • ギリシャ
  • エーゲ海に浮かぶヒオス島では毎年、復活祭の前日の真夜中にロケット花火を撃ち合う「ロケット戦争」が祝いの行事として行われています。

秘書の日(4月最後の水曜)

職場における秘書たちの働きを認め、秘書として働く女性の数を増やすために1952年に設立されました。現在では、秘書協会の努力やビジネスの世界における秘書の役割が大きくなったことにより、名前が「秘書」から「専門事務職」に置き換えられました。この日、職場の上司は自分たちの秘書や事務補佐の人たちにプレゼントを贈ったり、教育的なイベントや同じ職業の人が集まる行事に秘書が参加できるように取り計らったりすることで、感謝の意を表します。

〖 参考文献 〗贈答に関する一般知識 – ラッピングコーディネーターのための贈答文化 – 一般社団法人 全日本ギフト用品協会

気になるお天気はコチラ(過去5年間)

2012 2013 2014 2015 2016

世界の「秘書の日」事情は?

  • アメリカ
  • 秘書の日発祥のアメリカでは、数人の秘書のために「サンキュー。いつも助かっているよ!」等書いたカードを添えてホールのケーキを用意してあげたりするそうです。

  • アルゼンチン
  • アルゼンチンでは、9月4日を「秘書の日」としています。この日は日頃の感謝を込めて上司が自分の秘書に花束などの贈り物をしたり、食事に招待するといった習慣があります。

おススメする お店と商品

  • そばで支えてくれる秘書さんへ、小ぶりで可愛いハートのキャンドルを。「いつもありがとう、これからもよろしく」の気持ちを込めて。

  • ティーバッグに入ったフルーツティーで、忙しい業務の中にもリラックスタイムを。フルーツやハーブの甘く爽やかな香りが心を落ち着かせてくれます。