7月のイベント


爽やかな梅雨明けを迎え、夏の暑さを思い知る7月。若い方にはあまり馴染みのないお中元シーズンがやってきます。普段連絡をとれていない親戚やお世話になっている方へ、ちょっとした贈り物と近況報告をすると、ぐっと仲が深まりますよ。
気になるイベントをクリック

お中元(7月初旬~7月15日)

日頃お世話になっている方や、いつも心にかけていながらご無沙汰をしている親戚・友人・知人に感謝の気持ちを込め、季節の挨拶を兼ねて贈り物を贈る日本独自の贈答習慣。もともとお中元は古代中国の道教の「三元思想」に由来すると言われています。ちょうど中元の時期は、祖先を供養する日本古来の習慣と一致しています。お中元が社会的に一般化したのは江戸時代からで、6月末頃から贈り始め、7月15日を過ぎると暑中見舞い、8月15日を過ぎると残暑見舞いなどと表書きが変化するようになりました。

〖 参考文献 〗贈答に関する一般知識 – ラッピングコーディネーターのための贈答文化 – 一般社団法人 全日本ギフト用品協会

あなたが考えるお中元の適正相場は?

お中元に貰って嬉しかったもの TOP3

  • お酒 … 4人
  • お菓子 … 3人
  • 肉類 … 2人
  • 番外スープセット(60~69歳/女性)
  • 番外健康食品(30~39歳/女性)

地域による「お中元」事情は?

  • 東日本(東北・関東・北陸)
  • 主に7月1日~7月15日。東日本の場合、7/16~立秋(8/7頃)に届くものを「暑中御見舞」、それ以降を「残暑御見舞」とします。

  • 西日本(例外的に北海道も含)
  • 主に7月15日~8月15日。西日本の場合、8/16以降の期間に届くものを「残暑御見舞」とします。

おススメする お店と商品

  • 外出が多くなったりメニューに悩んでしまう季節に嬉しい贈り物。素材やスパイスの魅力を存分に引き出したレトルトはとっても美味しく頂けます。

  • 旬摘み紅茶やフルーツティーが入った紅茶のセット。来客時のおもてなしにピッタリなので重宝されます。

  • 無農薬で育てられた優しい風味の日本茶。和菓子と一緒にいただくと思わず「ふうーっ」と深く甘いため息が。