3月のイベント


桜の便りも聞かれ始め、温かさを感じ始める3月。間もなくホワイトデー、卒業が待ち構えています。男性のみなさん、きちんと女性の気持ちに返事を返してくださいね。卒業式は学生さんの成長を感じ、涙してしまうパパママもいるのでは。新しいステージに進む人へ、応援の気持ちを込めた贈り物をしませんか?
気になるイベントをクリック

桃の節句(3月3日)

古代中国、3月の最初の巳の日に行われていた行事。春の農耕時期に先立ち、人形を身代わりとして穢れを移し、川や海に流す習慣「流し雛」が始まりで、その後女子の健やかな成長を祝う祭礼に変化しました。

〖 参考文献 〗贈答に関する一般知識 – ラッピングコーディネーターのための贈答文化 – 一般社団法人 全日本ギフト用品協会

気になるお天気はコチラ(過去5年間)

2012 2013 2014 2015 2016

地域による「桃の節句」の事情は?

  • 関西地方
  • 関東ではお内裏様(お殿様)が向かって左、お雛様(お姫様)が向かって右ですが、関西では向かって左がお内裏様、向かって右がお雛様です。関西では京都御所での玉座の並びに合わせてお雛様も飾るため、関東とは向きが異なるのだそう。

  • 沖縄県
  • 実は沖縄にはひな祭りの習慣がありません。沖縄ではこの日は「浜下り」と呼び、女性が家にいてはいけない日とされていたのです。そのため、女性は皆でそろって、海へ遊びに行く日になっています。

ホワイトデー(3月14日)

バレンタインデーにチョコをもらった男性が、キャンディーやマシュマロなどをお返しとして贈る日。日本独自の習慣と言われ、1970年代中ごろからバレンタインデーと合わせて女性誌や菓子メーカーがキャンペーンを行い定着しました。

〖 参考文献 〗贈答に関する一般知識 – ラッピングコーディネーターのための贈答文化 – 一般社団法人 全日本ギフト用品協会

あなたが考えるホワイトデーの適正相場は?

女性に聞きました!貰って嬉しかったもの TOP3

  • チョコ/お菓子 … 28人
  • バッグ … 4人
  • 洋服,花,アクセサリー … 各3人
  • 番外お酒(20~29歳/女性)
  • 番外ハンカチ(20~29歳/女性)

気になるお天気はコチラ(過去5年間)

2012 2013 2014 2015 2016

世界のホワイトデー事情は?

  • アメリカ
  • 3/14は円周率の3.14にちなんで「π(パイ)の日」なのだそう。この日にパイを食べてお祝いをするのだとか。

  • 韓国
  • バスケットに贈り物を詰めて華やかにラッピングをしたものを、男性が女性にお返しするのが一般的なようです。

おススメする お店と商品

  • お酒好きの女性へ、食材に少しつけて食べるととっても美味しいお塩をプレゼント。塩の食べ比べ、なんてオシャレな楽しみ方はいかが?

  • 100%天然素材で作られた上質なせっけん。濃厚で甘くセクシーな香りがします。愛する女性にキレイをプレゼント。

  • 華やかな見た目のキャンドルでお部屋にラグジュアリーな香りと雰囲気をプラス。癒しを贈りましょう。

  • 紅茶専門店の上質な紅茶で女性の大切なティータイムを演出してみては?香りの立ち方が格別なので、一段と幸せなひと時に。

  • オシャレにぬかりない彼女へ、夏に大活躍のリングを一足早くプレゼント。足元で綺麗に咲いてくれます。

卒業/就職(3月下旬~4月上旬)

子供が成長し学業を終え会社などに就職して社会人になることを祝い、親戚や親しい人が金品を贈る習慣が一般的。原則として、就職祝いのお返しは本人から、初任給でお返しをするのが望ましいと言われています。

〖 参考文献 〗贈答に関する一般知識 – ラッピングコーディネーターのための贈答文化 – 一般社団法人 全日本ギフト用品協会

あなたが考える卒業/就職祝いの適正相場は?

卒業/就職祝いに貰って嬉しかったもの TOP3

  • 腕時計/時計 … 11人
  • 万年筆/ペン … 7人
  • バッグ … 6人
  • 番外名刺入れ(20~29歳/男性)
  • 番外カメラ(20~29歳/女性)
  • ※現金は除く

世界の「卒業/就職」事情は?

  • 韓国
  • 韓国における高校や大学の卒業/入学では、二重まぶたの手術など、親から美容整形の贈り物をすることがあるそうです。

  • イタリア
  • イタリアの大学では、各々が卒業日を決め、その日に卒業論文を発表して卒業を迎えるそうです。また、卒業論文の発表会には友人や親族が出席します。

おススメする お店と商品

  • 上質な革で作られた長財布は、落ち着いた雰囲気を醸し出します。年期の入ったお財布からも卒業させてあげましょう。

  • 取引先の前で出しても恥ずかしくない、1本のペンは心強い味方に。