銀座小夏


  • 銀座小夏
  • 銀座小夏
  • 銀座小夏
  • 銀座小夏

frame

表参道A2出口を出て、最初の角を曲がりカフェや雑貨屋のある道を歩くこと2分。T字路まで来ると、右手に落ち着いた雰囲気の建物が。奥にあるエレベーターで2階へ上がると「銀座小夏」があります。姉妹店の箸店「銀座夏野」が1階にあり、店内の階段でも2階へ上がることができます。

2階の店内に入ると、360度ぐるりと置かれた子供用の食器の圧倒的な数にびっくり!子供たちが大好きな動物や乗り物などの箸置きも「これでもか!」と言わんばかりに並んでいます。可愛らしい吊るし雛や木製おもちゃもまた、気持ちを和らげてくれます。

「陶器でできた食器を扱う。当然落としたら割れてしまうが“そんな割れてしまうものだからこそ、大事に使おう。”という気持ちになってもらいたい。」という店長の気持ちが込められており、それが「夏野・小夏の食育」なのだとか。モノがあふれている時代だからこそ、人の手で作られる「本物」を大切にする心を持つ子に育ってほしいという温かい気持ちが。

小さいころはついついお箸の先をかじってしまったり、持ち手の頭をかじってしまったりします。なので、安心な天然素材の和食器を持せたいですよね。割れてしまうからとプラスチックのものを選ぶ方も多いけれど、「落としたら壊れてしまう。なので大切にしなきゃ。」という大切なことを教える機会になるのではないでしょうか。

木のもつ美しさや木目が生かされ、軽く、温もりが感じられるのが特徴の山中塗。ツヤのある上品なものや木の風合いが伝わる優しいものなど、質感も様々です。

薄く軽く、ひんやり感のあるガラスのような滑らかさ硬質さが魅力で、耐久性が強い波佐見焼。落ち着いてお食事ができそうな、優しい色合いのイラストが。

素材はもちろんのこと、デザインも様々。どれもちびっ子が大好きなものばかり。苦手なものも、好きなお皿に乗せたら食べられるかな?

取材をしているときも、ご自分のお子さんへの誕生日にと、器を探しにいらしたお父さんが。できるだけいいものを使ってほしいという気持ちは皆同じですね。小さいときはわからなくても、大人になってから大きな愛情を感じるものです。

手に取ったときに伝わってくる木のぬくもり、土の優しさ。本物の食器で食事をする楽しさを教えてあげましょう。名前を入れて、まごころのこもった思い出の器を贈りませんか?心温まる「宝物」を数多く取りそろえたお店「銀座小夏」に、ぜひ足を運んでみてください。

frame

◇店舗情報(2017/1/21時点)

店名 銀座小夏(青山店)
住所 東京都渋谷区神宮前4-2-17 2F
営業時間 月-土 10:00 ~ 19:00
日・祝 10:00 ~ 19:00
最寄駅 東京メトロ銀座線ほか表参道駅A2出口から徒歩約1分
電話番号 03-5785-4721
店舗HP https://www.e-ohashi.com/index.php
お問合わせ https://www.e-ohashi.com/contact.php
Instagram http://instagram.com/ginzakonatsu