銀座のジンジャー


  • ginzanoginger
  • ginzanoginger
  • ginzanoginger
  • ginzanoginger

frame

銀座一丁目駅3番出口を出て高速沿いに右折し、2つ目の右手路地に入るとすぐに現れるキリッとした佇まいのお店。こちらが「銀座のジンジャー」です。美味しそうなカフェメニューに吸い寄せられます。

地下1階の店内には色とりどりのジンジャーシロップやコンフィチュールが光を受けてキラキラと輝いています。2階には日差しが差し込む居心地の良いカフェコーナーがあります。

定番フレーバーは6種類。それに加え、およそ2か月ごとの季節限定商品が発売されるので、年中様々なフレーバーを楽しむことが出来ます。取材当時はバレンタイン前だったので、チョコレートジンジャーシロップが中央に飾られていました。

奥に進むと種類豊富なコンフィチュールが。こちらのお店、元々はコンフィチュール専門のお店だったのだとか!どれも厳選された2種類の食材でできており、食材を掛け合わせることで引き出される、果物の持つ「本当の色、味、香り」を大切に作っているのだそうです。人気なのは「二つの苺」「オレンジ、生姜」「ブルーベリー、アールグレイ」。どれもみずみずしく、素材の甘み旨みがふわーっと口の中に広がります。お気に入りのパンと組み合わせたら最高の朝食になること間違いなしです!

コンフィチュールは、保存に便利な130gの瓶と、使い切り30gのサシェが。贈り物にしてももちろん素敵だし、サシェは「2つの果物」ということでも結婚式のドラジェ(プチギフト)にも選ばれるのだとか。こんなに綺麗で可愛いプチギフトをもらえたら、嬉しいですね。

玄米グラノーラもカラフルでとても可愛いです。パフは、ポン菓子のようなサクサクとした食感。そこに手作りのドライベジタブルやドライフルーツ、ナッツがミックスされ、ジンジャーの風味も隠れています。ミルク、ヨーグルトにコンフィチュールを添えれば簡単で美味しい朝ごはんになり、働く女性の味方ですね。

2階のカフェでは、コンフィチュールを使ったメニューやお食事を楽しむことが。ほんのり甘いパンケーキはしっかりもっちり食感で、デザートとしてもお食事としても楽しめます。季節ごとに変わるかき氷もボリューミーでたまりません!

「海外では割とお菓子に使われている生姜ですが、日本ではお料理に使われることがほとんどです。ドリンクやデザートで美味しく食べることもできるという、新しい生姜の使い方を提案できたらと思います」とスタッフの廣田さん。商品について、笑顔でとても丁寧に教えてくださいました。※写真は「チョコレート・ジンジャーシロップ」

寒い冬に温まりたいときはもちろん、暑さに負けそうな自分に喝をいれたいときも、身体の芯から応援してくれる生姜。素材の美味しさを丸ごと活かした、きらめくコンフィチュール。そんな身体に嬉しい野菜や果物の恵みを、大切な人に贈りませんか?宝石のような綺麗な贈り物に、箱を開けた瞬間から笑顔がこぼれること間違いなしですよ。

frame

◇店舗情報(2017/1/29時点)

店名 銀座のジンジャー 銀座本店
住所 東京都中央区銀座1丁目4-3 1階/2階
営業時間 11:00 ~ 20:00
(ラストオーダー 19:00)
定休日 不定休
最寄駅 JR 有楽町駅、東京メトロ有楽町線 銀座1丁目駅
東京メトロ銀座線 京橋駅
電話番号 03-3538-5011
店舗HP http://www.cep-shop.co.jp/
お問合わせ http://www.cep-shop.co.jp/contents/faq.html
Facebook https://www.facebook.com/cepginger/
Instagram http://instagram.com/ginza_ginger_official
Twitter https://twitter.com/cep_ginza